Menu

ivsupport Archive

憧れ女性レーサーに学ぶ

輝くレーサーのルーティーン プロレーサーの塚本奈々美さんは、レース、ドリフト、ラリーと3つの違った競技で活躍しています。さらにモデル、プロゲーミングチームのディレクターなど、クルマを通して私達に夢を与え続けています。   高校卒業を待ち18歳で念願の免許を取得。週末は一人でサーキットに通い、カートで200周も走っていたそうです。2013年の86/BRZレースを皮切りにお金を貰って走れるようになり、プロとしてしてスタートします。   仕事がオフの時はずっと布団の中で身体を休ませ、アニメを見るぐらいだそうです。Webコミック「ナナメ!!スライドしたガール」で、もっと詳しく彼女のストーリーを知ることができます。頭のトレーニングなら、ゲームやオンラインカジノ Mystino でコーナーリングの集中力を鍛えられそうですね。Youtube「塚本ーDriftBox チャンネル」もお勧めです。  

カーシェアで愛車と出会う

日本車はもちろん風情ある車も借りられる 都心のゲーム会社で働くNさんは、忙しいため都心近郊の一人暮らしをしています。週末は好きな車をカーシェアで話題のスポット巡りを満喫しています。   クルマを持ちたいのだが乗るのは週末だけであるし、月極駐車場は月4万ぐらい。そこで友人から勧められたのが「エ二カの個人間カーシェア」。ダイハツコペン、BMW, 英国のミニやボルボなど、ネオクラシックカーも借りられます。   半日がかりの遠出の行き帰りの時間も、魅力的な車なら退屈しません。自分好みのゲームやオンラインカジノ https://Mystino.casino を色々試してみるのと同じように、今後の愛車を決めるための「試乗」としての役割も果たしてくれます。   貸す側としてのオーナーになったなら、毎月平均2万5000円ほどの収入になります。維持費にあてたりワンランク上のクルマを購入できそうです。